コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シキミモドキ pepper tree

翻訳|pepper tree

1件 の用語解説(シキミモドキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シキミモドキ【pepper tree】

最も原始的な被子植物とされることの多い東南アジア熱帯高地のモクレンシキミモドキ科の植物。高さ1~5mの常緑の木本植物つぼみカリプトラという帽子状に変形した萼におおわれている。心皮は1枚の葉が中肋を折り目に内側に畳まれた状態を示し,めしべの最も原始的な状態を示すとの説がある。モクレン目のデゲネリアとは違っておしべは比較的細い。 モクレン目は一般に植物体に精油を含み,材を傷つけたり葉をもむと香ったり,花に強い芳香がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シキミモドキの関連キーワード顕花植物種子植物心皮被子植物裸子植物維管束植物原始時代原始的羅鱶天地根元造

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone