シキミモドキ(英語表記)pepper tree

翻訳|pepper tree

世界大百科事典 第2版の解説

シキミモドキ【pepper tree】

最も原始的な被子植物とされることの多い東南アジア熱帯高地のモクレン目シキミモドキ科の植物。高さ1~5mの常緑の木本植物。つぼみはカリプトラという帽子状に変形した萼におおわれている。心皮は1枚の葉が中肋を折り目に内側に畳まれた状態を示し,めしべの最も原始的な状態を示すとの説がある。モクレン目のデゲネリアとは違っておしべは比較的細い。 モクレン目は一般に植物体に精油を含み,材を傷つけたり葉をもむと香ったり,花に強い芳香がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android