コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シチリアでの会話 シチリアでのかいわConversazione in Sicilia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シチリアでの会話
シチリアでのかいわ
Conversazione in Sicilia

イタリアの小説家エリオ・ビットリーニの長編小説。 1938年から 39年にかけて『レッテラトゥーラ』誌に連載。 41年に,まず『名前と涙』 Nome e lacrimeという表題で刊行され,次いでいまのように改められた。物語は久びさに故郷シチリアを旅する主人公の内的独白と現実世界とが交互に綾を織りなして展開する。随所にはめこまれた隠喩と象徴とが,ファシズムと抵抗運動の時代の影を色濃く漂わせ,同じく 41年に発表された C.パベーゼの『故郷』とともに,ネオレアリズモ文学の源泉となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シチリアでの会話の関連キーワードエリオ ビットリーニイタリア文学