コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッキム条約 シッキムじょうやく

1件 の用語解説(シッキム条約の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シッキムじょうやく【シッキム条約】

1890年(光緒16)清朝とイギリスとのあいだに結ばれた条約。1887年,チベット軍がシッキムへ侵入,これに対しイギリスが介入しシッキムを占領した。この問題処理のため,チベットの宗主であった清朝とイギリスのあいだで締結されたのがシッキム条約で,清はシッキムへのイギリスの保護権を承認し,チベット・シッキム間の国境等も定めた。この条約で,ヒマラヤ南域におけるイギリスの地位は決定的なものとなり,さらにチベット進出への道も開かれた

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シッキム条約の関連キーワードイギリス経験論イギリス放送協会イギリス連邦バクストンイギリス国教会イギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争イギリス巻イギリス組曲イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone