コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッキム条約 シッキムじょうやく

世界大百科事典 第2版の解説

シッキムじょうやく【シッキム条約】

1890年(光緒16)清朝とイギリスとのあいだに結ばれた条約。1887年,チベット軍がシッキムへ侵入,これに対しイギリスが介入しシッキムを占領した。この問題処理のため,チベットの宗主であった清朝とイギリスのあいだで締結されたのがシッキム条約で,清はシッキムへのイギリスの保護権を承認し,チベット・シッキム間の国境等も定めた。この条約で,ヒマラヤ南域におけるイギリスの地位は決定的なものとなり,さらにチベット進出への道も開かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シッキム条約の関連キーワードチベット・インド条約

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android