コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトロネラソウ

百科事典マイペディアの解説

シトロネラソウ

レモングラス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シトロネラソウ【citronella grass】

香料をとるイネ科の多年草。シトロネラともいう。熱帯アジアの原産。高さ約2mでススキに似る。葉は長さ90cm,幅2cmほどで,切れば芳香が出る。そのためコウスイガヤとも呼ばれる。スリランカが主産地で,ジャワおよびマレー半島にも栽培がある。繁殖は株分けによる。葉を水蒸気蒸留してシトロネラ油をとる。精油の成分はd‐シトロネラール(24~34%),ゲラニオール(26~40%)で,ほかにl‐ボルネオールなどを含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシトロネラソウの言及

【レモングラス】より

…【小山 鉄夫】。。…

【レモングラス】より

…また,葉をスープやカレーの芳香づけにも用いる。本種と同属のコウスイガヤ(別名シトロネラソウ)C.nardus Rendl.(英名citronella)は全体がさらに大型で,ゲラニオールを主成分とするシトロネラ油という精油を含む。近縁属のベチベルとともに重要な香料植物である。…

※「シトロネラソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シトロネラソウの関連キーワードエスクイントラシトロネラールゲラニオールベチベル香料植物苗栗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android