コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトロネラソウ

2件 の用語解説(シトロネラソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シトロネラソウ

レモングラス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シトロネラソウ【citronella grass】

香料をとるイネ科の多年草シトロネラともいう。熱帯アジアの原産。高さ約2mでススキに似る。葉は長さ90cm,幅2cmほどで,切れば芳香が出る。そのためコウスイガヤとも呼ばれるスリランカが主産地で,ジャワおよびマレー半島にも栽培がある。繁殖は株分けによる。葉を水蒸気蒸留してシトロネラ油をとる。精油の成分はd‐シトロネラール(24~34%),ゲラニオール(26~40%)で,ほかにlボルネオールなどを含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシトロネラソウの言及

【レモングラス】より

…【小山 鉄夫】。。…

【レモングラス】より

…また,葉をスープやカレーの芳香づけにも用いる。本種と同属のコウスイガヤ(別名シトロネラソウ)C.nardus Rendl.(英名citronella)は全体がさらに大型で,ゲラニオールを主成分とするシトロネラ油という精油を含む。近縁属のベチベルとともに重要な香料植物である。…

※「シトロネラソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シトロネラソウの関連情報