シマトビケラ(読み)しまとびけら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シマトビケラ
しまとびけら / 縞飛螻・縞石蚕
hydropsychid caddis

昆虫綱トビケラ目シマトビケラ科の昆虫の総称、またはそのなかの1属の総称。世界中に広く分布し、日本には約20種が生息する。翅長(しちょう)10ミリメートル前後の中形のトビケラで、前翅は褐色の種類が多く、外見上からの種の区別は困難である。翅長約15ミリメートルのオオシマトビケラMacronema radiatumは、黄色の地に黒色帯の明瞭(めいりょう)な斑紋(はんもん)が前翅にある大形種であり、河川の中・下流域で大発生することがある。
 シマトビケラ科の幼虫は、腹部に房状のえらをもつ。トンネル状の巣を石面に固着させ、その上流側に網を張り、水中を流れてくる餌(えさ)をとる。網目は長方形で、大きさは種類や齢期によってさまざまである。雑食性。おもに流水に分布し、河川の源流から下流まで多数の種がすみ分ける。水力発電用導水路に幼虫の巣が大量に付着すると、通水が阻害されるため、発電害虫とされる。また、成虫が大発生すると、人家の灯火にも飛来し、害虫視される。[谷田一三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシマトビケラの言及

【トビケラ(飛螻蛄)】より

…日本から知られている代表的な種をあげると次のようなものがある。大型な種で幼虫がよくアオムシと呼ばれて釣餌に使われるチャバネヒゲナガトビケラ,幼虫が急流にすむ小型のタニガワトビケラ,世界各地に広く分布するシマトビケラのなかのナカハラシマトビケラとエチゴシマトビケラ,現存するトビケラのうち,もっとも原始的なものの一つとみなされているオオナガレトビケラ,体長わずかに0.2~0.3mmの最小のウスグロヒメトビケラ,幼虫が静水中に生息している比較的大型なウスバキトビケラとエグリトビケラ,幼虫がつくる筒巣が人形のように見えるニンギョウトビケラ,日本産トビケラのなかでもっとも大型(体長20~25mm)で,翅の斑紋が大きく美しい紫色をしたムラサキトビケラ,前・後翅に大きな黄色または白色の斑紋があり,一見眼のようにみえるヨツメトビケラなどである。【小林 峯生】。…

※「シマトビケラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android