シャクナンガンピ(英語表記)Daphnimorpha kudoi (Makino) Nakai

世界大百科事典 第2版の解説

シャクナンガンピ【Daphnimorpha kudoi (Makino) Nakai】

屋久島の高地にのみ自生するジンチョウゲ科低木で,淡紅紫色の花を開く。高さ1.5m程度で分枝は少なく,葉の落ちた跡が目だつ。葉はひし形で長さ5cm前後,枝端に集まって生する。初夏に本年枝の端から長さ数cmの柄を出し,その先が3,4本に分かれておのおの数個ないし二十数個の花をつける。は淡紅紫色筒状で上端が4裂して開き,花弁はなく,子房の基部を上縁が腺状の花盤が取り囲む。秋に乾いた小型の果実を結ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android