コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靭皮繊維 じんぴせんいbast fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

靭皮繊維
じんぴせんい
bast fibre

種子植物の茎において,形成層から外側に向ってつくられていく部分,すなわち二次師部にある繊維組織をいう。両端のとがった長い繊維細胞から成り,軟らかく強靭なものが多い。アサ,ジュートなど,これをとる目的で栽培される植物 (繊維植物) も多い。なお茎の肥大生長によってこの組織の外側の部分は次第に剥離するが,その剥離する部分を樹皮といい,内側の残存する部分を靭皮ということもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんぴ‐せんい〔‐センヰ〕【×靭皮繊維】

植物の篩部(しぶ)および皮層の繊維。強靭で抵抗性が強い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone