コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャッターコーン

2件 の用語解説(シャッターコーンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シャッターコーン

クレーター周辺の岩石に見られる円錐形の構造物で,隕石の衝突によって生じたものをいう。衝撃波が岩石を通過するときに形成されたと考えられ,大きさは1cmから15mまでさまざま。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シャッターコーン【shatter cone】

隕石の衝突により生じた,クレーター周辺の岩石に見られる円錐形の構造物。その表面には馬の尾のような模様がみられる。大きさは1cmから15mもあるものもある。サドベリーリーズなどの衝突クレーターの石灰岩,ドロストーン,石英岩,片麻岩,ケツ岩などの岩石にみられる。衝撃波が岩石を通過するときに形成されたもので,円錐形の頂点の方向に衝突の中心があったと考えられる。【武田 弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャッターコーンの関連キーワードクレーターレーク国立公園クレーター衝撃石英チチュルブクレーター偽火山性クレーター型カルデラ庭園保険フレーデフォート-ドーム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone