シャッターコーン

百科事典マイペディア「シャッターコーン」の解説

シャッターコーン

クレーター周辺の岩石に見られる円錐形の構造物で,隕石衝突によって生じたものをいう。衝撃波が岩石を通過するときに形成されたと考えられ,大きさは1cmから15mまでさまざま。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「シャッターコーン」の解説

シャッターコーン【shatter cone】

隕石の衝突により生じた,クレーター周辺の岩石に見られる円錐形の構造物。その表面には馬の尾のような模様がみられる。大きさは1cmから15mもあるものもある。サドベリー,リーズなどの衝突クレーターの石灰岩,ドロストーン,石英岩,片麻岩,ケツ岩などの岩石にみられる。衝撃波が岩石を通過するときに形成されたもので,円錐形の頂点の方向に衝突の中心があったと考えられる。【武田

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android