シャットルアラブ川(読み)シャットルアラブがわ(英語表記)Shatt al-`Arab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャットルアラブ川
シャットルアラブがわ
Shatt al-`Arab

イラク南東部,バスラ県を流れる川。シャットはアラビア語で「流れ」を意味する。バスラの北西約 65kmのクルナで,チグリス川ユーフラテス川が合流したのちの下流の川をさす。南東流し,途中でイランからカールン川を合流し,ペルシア湾に注ぐ。全長 193km,幅は河口で 800mと広がる。流域はデルタ地帯で,ナツメヤシの森林が多く,潮の干満によって周辺の地域の灌漑が行われる。下流のアブーアルハシーブ,イランのアバダーン付近から東岸がイランとなり,国境となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android