コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャフリサブズ Shakhrisabz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャフリサブズ
Shakhrisabz

ウズベキスタン南部,カシカダリヤ州の都市。州都カルシーの東北東約 90km,キタブ=シャフリサブズオアシスにある。古くから交易の中心地として知られ,14~18世紀の建築物が保存されている。その中心地は 2000年世界遺産の文化遺産に登録された。食品 (果実・野菜缶詰,ワイン) ,綿花洗浄などの工業のほか,民族刺繍や陶器の生産が盛ん。サマルカンドの南にあり,ハイウェーが通じる。人口5万 3200 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャフリサブズの関連キーワードチムール(帖木児)史国韋節

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android