コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャムウーン Kamīl Sham‘ūn

2件 の用語解説(シャムウーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャムウーン【Kamīl Sham‘ūn】

1900‐
レバノンの政治家,弁護士フランス語ではCamille Chamoun。マロン派キリスト教徒。1938年に蔵相,43‐44年に内相,44‐46年に国連,ユネスコなど国際機関への代表となる。52年ホウリー大統領を辞任においこみ,大統領となり,親欧米政策をとるが,これは58年内戦の原因となった。58年9月大統領退任後,親西欧右派の国民自由党(NLP)を結成。60年代にファランジスト党,ナショナルブロックと三者連合をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャムウーン
しゃむうーん
Camille Chamoun
(1900―1987)

レバノンの政治家、弁護士。マロン派キリスト教徒。弁護士開業後、1929年から政界進出。1938年に蔵相、1943年に内相、1944年に駐英公使、1946年国連代表となる。1947年に蔵相、内相。1952年に大統領となり親欧米政策をとったことが1958年の内乱を招いた。大統領任期満了後の1958年、マロン派キリスト教徒からなる国民自由党を結成する。1975年の内戦ではイスラム教徒左派およびパレスチナ・ゲリラに対抗した。1975~1976年にはカラミ政権のもとで内相、外相、国防相などを歴任した。主著に『独立の諸段階』『中東の危機』『回顧録』『レバノンの危機』などがある。[木村喜博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャムウーンの関連キーワード関直彦アマル弁護士会弁護士法レバノンレバノン杉フラバノンレバノンとヒズボラレバノン情勢柏田忠一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone