コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャムウーン Kamīl Sham‘ūn

2件 の用語解説(シャムウーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャムウーン【Kamīl Sham‘ūn】

1900‐
レバノンの政治家,弁護士フランス語ではCamille Chamoun。マロン派キリスト教徒。1938年に蔵相,43‐44年に内相,44‐46年に国連,ユネスコなど国際機関への代表となる。52年ホウリー大統領を辞任においこみ,大統領となり,親欧米政策をとるが,これは58年内戦の原因となった。58年9月大統領退任後,親西欧右派の国民自由党(NLP)を結成。60年代にファランジスト党,ナショナルブロックと三者連合をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャムウーン
しゃむうーん
Camille Chamoun
(1900―1987)

レバノンの政治家、弁護士。マロン派キリスト教徒。弁護士開業後、1929年から政界進出。1938年に蔵相、1943年に内相、1944年に駐英公使、1946年国連代表となる。1947年に蔵相、内相。1952年に大統領となり親欧米政策をとったことが1958年の内乱を招いた。大統領任期満了後の1958年、マロン派キリスト教徒からなる国民自由党を結成する。1975年の内戦ではイスラム教徒左派およびパレスチナ・ゲリラに対抗した。1975~1976年にはカラミ政権のもとで内相、外相、国防相などを歴任した。主著に『独立の諸段階』『中東の危機』『回顧録』『レバノンの危機』などがある。[木村喜博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シャムウーンの関連キーワードアンダーソンアンベールウォルシュ江口三省フロランムルデルグラノライトアリュート岩クラ岩三遊亭円朝(初代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone