コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャラットチャンドラ Śaratcandra Caṭṭopādhyāy

世界大百科事典 第2版の解説

シャラットチャンドラ【Śaratcandra Caṭṭopādhyāy】

1876‐1938
ベンガル文学を代表する小説家。インド西ベンガル州フグリ県生れ。貧困のうちに育ち,若いころからインド各地を放浪。1903年より12年あまりはビルマラングーンで過ごす。この時期にカルカッタの文芸雑誌に載せた数編の小説で作家としての地位を確立,以後カルカッタに戻り創作活動に入る。21年からは国民会議派不服従運動に加わり,国民会議派以外のさまざまな革命家とも交渉をもった。タゴール口語体の影響を受けた平易な文体で,社会の因襲や偏見に苦しむ貧しいインテリ,女性の姿を生き生きと描いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シャラットチャンドラの関連キーワードマキノ雅広久松静児おもなお雇い外国人バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎[各個指定]芸能部門珪藻土

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android