シャラットチャンドラ(英語表記)Śaratcandra Caṭṭopādhyāy

世界大百科事典 第2版の解説

シャラットチャンドラ【Śaratcandra Caṭṭopādhyāy】

1876‐1938
ベンガル文学を代表する小説家。インド西ベンガル州フグリ県生れ。貧困のうちに育ち,若いころからインド各地を放浪。1903年より12年あまりはビルマラングーンで過ごす。この時期にカルカッタの文芸雑誌に載せた数編の小説で作家としての地位を確立,以後カルカッタに戻り創作活動に入る。21年からは国民会議派の不服従運動に加わり,国民会議派以外のさまざまな革命家とも交渉をもった。タゴールの口語体の影響を受けた平易な文体で,社会の因襲や偏見に苦しむ貧しいインテリ,女性の姿を生き生きと描いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android