シャロン アレイヘム(英語表記)Shalom Aleichem

20世紀西洋人名事典の解説

シャロン アレイヘム
Shalom Aleichem


1859 - 1916
ソ連の作家。
ウクライナ生まれ。
本名Rabinovitz Solomon。
当時特殊用語と軽視されていたイディッシュ語で書き続け、又、年刊「イディッシュ人民文庫」(’88年)を発行し、ユダヤ文学興隆に寄与した。ロシア圧制下の小村落に住むユダヤ庶民の過酷な生活を、ユーモアと哀愁あふれる詩的な文章で描いているのが特徴で、代表作に「メナヘム,メンドル」(’92年〜’95年)、「牛乳屋テビエ」(’94年)などがある。’05年のユダヤ人虐殺事件後、国外に避難し、ニューヨークで死去した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android