コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンティイ城 シャンティイジョウ

2件 の用語解説(シャンティイ城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シャンティイ‐じょう〔‐ジヤウ〕【シャンティイ城】

Château de Chantillyシャンティイにあるルネサンス様式の城。16世紀に建造されたプチシャトーと19世紀に再建されたグランシャトーからなる。ラファエロプーサンの絵画、装飾写本ベリー公のいとも豪華なる時祷書」をはじめ、城主だったコンデ公のコレクションを所蔵する美術館がある。この城と同名のクリーム(シャンティイ)が考案されたことでも知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

シャンティイじょう【シャンティイ城】

フランスの首都パリの近郊、電車で約30分ほどのところに位置するシャンティイChantilly)にある宮殿。シャンティイ駅からは徒歩約20分ほどの場所にある。美しい森の中に堀や池をめぐらした美しい城館である。この宮殿はグランシャトー(城館)とプチシャトー(小城館)の2つからなるが、プチシャトーは1560年ごろに、数々の戦功をあげた将軍アンヌ・ド・モンモランシー(Anne de Montmorency、1492~1567年)のために建てられた館で、内部には結婚式場があり、現在も使用されている。その後、この城はモンモランシー家からコンデ家の手に渡り、19世紀ごろに現在の城館の姿ができあがった。城内には、フランスでも屈指のコレクションを誇るコンデ美術館Musee Conde)がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャンティイ城の関連キーワードベルサイユパリジャンフランスパンコペーフランスソワール電車でGO!名古屋鉄道編電車でGO!FINALダカール・ラリーFIEパリのセーヌ河岸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャンティイ城の関連情報