コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンティイ城 シャンティイジョウ

デジタル大辞泉の解説

シャンティイ‐じょう〔‐ジヤウ〕【シャンティイ城】

Château de Chantillyシャンティイにあるルネサンス様式の城。16世紀に建造されたプチシャトーと19世紀に再建されたグランシャトーからなる。ラファエロプーサンの絵画、装飾写本「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」をはじめ、城主だったコンデ公のコレクションを所蔵する美術館がある。この城と同名のクリーム(シャンティイ)が考案されたことでも知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

シャンティイじょう【シャンティイ城】

フランスの首都パリの近郊、電車で約30分ほどのところに位置するシャンティイ(Chantilly)にある宮殿。シャンティイ駅からは徒歩約20分ほどの場所にある。美しい森の中に堀や池をめぐらした美しい城館である。この宮殿はグランシャトー(城館)とプチシャトー(小城館)の2つからなるが、プチシャトーは1560年ごろに、数々の戦功をあげた将軍アンヌ・ド・モンモランシー(Anne de Montmorency、1492~1567年)のために建てられた館で、内部には結婚式場があり、現在も使用されている。その後、この城はモンモランシー家からコンデ家の手に渡り、19世紀ごろに現在の城館の姿ができあがった。城内には、フランスでも屈指のコレクションを誇るコンデ美術館(Musee Conde)がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

シャンティイ城の関連キーワードシャトーアゼールリドー城アンジェ城アンヌボア城アンボアーズ城アンボワーズ城イフ城オークニクスブール城カーン城ガイヤール城