コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンティイ磁器 シャンティイじき

1件 の用語解説(シャンティイ磁器の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャンティイじき【シャンティイ磁器】

フランスの磁器およびその窯。1725年ころコンデ侯ルイ・アンリ・ド・ブルボンによってシャンティイに創設された軟質磁器窯。侯は当時ヨーロッパで流行した極東の磁器,とくに日本の柿右衛門伊万里磁器に情熱と関心を示し,柿右衛門風の磁器を製作させた。乳白色地の初期の作例はヨーロッパにおける最もすぐれた柿右衛門手のコピーである。しかし50年以降はやや黄みがかった暖かい色調のものに代わり,その器形,装飾もしだいにマイセン磁器風なものに移行していった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シャンティイ磁器の関連キーワード嬉野次郎左衛門ピョートル谷木因新井白石エカチェリーナクライブスカルラッティ鈴木春信近松半二十寸見河東

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone