コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンティイ磁器 シャンティイじき

世界大百科事典 第2版の解説

シャンティイじき【シャンティイ磁器】

フランスの磁器およびその窯。1725年ころコンデ侯ルイ・アンリ・ド・ブルボンによってシャンティイに創設された軟質磁器窯。侯は当時ヨーロッパで流行した極東の磁器,とくに日本の柿右衛門や伊万里磁器に情熱と関心を示し,柿右衛門風の磁器を製作させた。乳白色地の初期の作例はヨーロッパにおける最もすぐれた柿右衛門手のコピーである。しかし50年以降はやや黄みがかった暖かい色調のものに代わり,その器形,装飾もしだいにマイセン磁器風なものに移行していった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シャンティイ磁器の関連キーワードピョートル嬉野次郎左衛門ピョートル[1世]ピョートルピョートル1世(大帝)エカチェリーナ(1世)ロマノフ朝谷木因新井白石エカチェリーナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android