コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿右衛門 かきえもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柿右衛門
かきえもん

江戸時代初期より現代まで続く有田の陶工酒井田柿右衛門の家系。またその窯で作られる色絵磁器をもいう。赤絵磁器の創始者といわれる酒井田柿右衛門 (柿右衛門〈1世〉 ) 以来,柿右衛門の系統は現在 14世まで続いているが,2世から5世までは1世の子といわれ,作品のうえで1世との区別は困難。また5世の弟の酒井田渋右衛門も,この派の名工である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

柿右衛門【かきえもん】

酒井田(さかいだ)柿右衛門

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柿右衛門 かきえもん

⇒酒井田柿右衛門(さかいだ-かきえもん)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柿右衛門
かきえもん

佐賀県有田の伊万里焼(いまりやき)を代表し、江戸初期から現代まで14代続く陶工酒井田柿右衛門家。また、その家系の窯(かま)で焼かれた色絵磁器、およびその様式の作品群。
 酒井田家は室町時代には酒井田(現、福岡県八女(やめ)市)に居住した豪族で、1582年(天正10)には酒井田壱岐守(いきのかみ)統連の世継、酒井田弥次郎が龍造寺(りゅうぞうじ)氏の人質となって竜王(現、佐賀県杵島(きしま)郡白石(しろいし)町深浦)に移り住んだと伝える。この弥次郎は晩年円西と名のったが、その子が初代柿右衛門に改名した喜三衛門と推測されている。初代柿右衛門は進取の気風に富んだ才気煥発(かんぱつ)な陶工であり、中国人からの伝授をもとに白磁胎上絵付法(赤絵)を開発し、金銀の上絵付法をもくふうして伊万里焼の進歩に大いに貢献し、長崎に持参してオランダ人や国内の商人にも売りさばくなど目覚ましい活動を行った。赤絵の創始は1647年(正保4)よりすこし前のことであった。その後、家業はかならずしも順風満帆ではなかったらしいが、3代のころは西欧輸出陶磁の生産が始まった1660年代にあたっており、これに参加して隆盛するに至ったようである。赤絵創始の功が認められて、例外的に白磁染付以外にも、赤絵上絵付の焼成を藩より許可され、新藩主着任のときは謁見が許され、作品も献上する習わしであった。それは単に酒井田家が伝統ある名家であったばかりでなく、歴代名工が輩出して、高い陶技の水準を保ち続けたことに由来している。長い柿右衛門家の歴史のなかで江戸後期1771年(明和8)ころは生業がかなり苦境にたたされたこともあった。しかし、明治維新を迎え、1878年(明治11)に黒川真頼(まより)が『工芸史料』を著して柿右衛門を顕彰して以来、その名声は西欧にも及び、1917年(大正6)に没した11代柿右衛門が家運をふたたび盛り上げた。しかし残念ながら10代以前の歴代の生没年は判然とせず、その作品も具体的にはなにも判明していない。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の柿右衛門の言及

【酒井田柿右衛門】より

…肥前有田の陶工で,江戸前期から今日まで,14代にわたって独特の色絵磁器を焼く。初代柿右衛門(生没年不詳)は,正保(1644‐48)ころ,明の五彩磁の技法を日本ではじめて完成したといわれている。酒井田家は有田皿山の中心部から離れた南川原(なんがわら)山に窯を築き,伊万里焼とは性質を異にする上質の色絵磁器を焼成した。…

※「柿右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柿右衛門の関連キーワード酒井田 柿右衛門(13代目)酒井田 柿右衛門(12代目)佐賀県西松浦郡有田町南山丁酒井田柿右衛門(11代)酒井田柿右衛門(10代)酒井田柿右衛門(14代)酒井田柿右衛門(7代)酒井田柿右衛門(6代)酒井田柿右衛門(8代)酒井田柿右衛門(5代)酒井田柿右衛門(4代)酒井田柿右衛門(9代)酒井田柿右衛門(2代)酒井田柿右衛門(3代)酒井田柿右衛門(初代)柿右衛門古陶磁参考館レーウェンフィンク県立有田窯業大学校シャンティイ磁器徳右衛門(1)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柿右衛門の関連情報