コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャン高原 シャンこうげんShan plateau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャン高原
シャンこうげん
Shan plateau

ミャンマー中部のほぼ全域を占める岩石性の地塊。南部はタニンダーイー地方にまで延び,インド・マラヤ山系の一部をなす。標高は平均 914m,タンルウィン川水系によって開析される。高原の岩石中には,ルビーサファイアなどの宝石が含まれ,その産出で昔から有名であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャン高原の関連キーワードシャン(ミャンマーの地名)ファウンドーウーパゴダエーヤワディー[川]サンタガットゥデモンタンルウィン[川]サンサバールデモンイワマの機織工場モントランブランピンウールウィンチャイントゥンニャウンシュエシャン[州]パダリン洞窟ヤメティーンボードウィンチャイントンサルウィン川メークティラヌー(怒)江ガーペー僧院

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャン高原の関連情報