コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーウッドの森 シャーウッドノモリ

1件 の用語解説(シャーウッドの森の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シャーウッド‐の‐もり【シャーウッドの森】

Sherwood Forest》英国イングランド中部の都市ノッチンガムの北郊に広がる森。ロビン=フッドの伝説の舞台として知られる。ロビンマリアン結婚式を挙げたというセントメアリー教会や、集会に使ったとされるオークの大木がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシャーウッドの森の言及

【ロビン・フッド】より

…イギリスの伝説的英雄。〈獅子心王〉リチャード1世(在位1189‐99)の時代,すなわち12世紀後半ごろに,ノッティンガムシャーのシャーウッドの森にこもり活躍したと伝えられる。リトル・ジョン,タック坊さんなど,愉快な部下とともに悪王の圧政に苦しむ民衆を助け,金持ちから奪った富を貧民に与え,けっして女に害を加えぬ義賊といわれる。…

※「シャーウッドの森」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シャーウッドの森の関連キーワードロビン・フッドの冒険アンダーソン森の聖歌ランドスケープ大理石パライトイルゼ岩マークフィルド岩井之上チャルMODEA醍醐直弘

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャーウッドの森の関連情報