コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーセバーン族 シャーセバーンぞくShāhsevān

世界大百科事典 第2版の解説

シャーセバーンぞく【シャーセバーン族 Shāhsevān】

イラン北西部アゼルバイジャン地方に遊牧するトルコ系部族。人口約9万人。サファビー朝のシャー・アッバース1世(在位1588‐1629)の創設した親衛軍の一部がこの部族の起源をなすといわれる。族名のもとの意味は〈シャーを愛する者〉である。部族集団として実体がはっきりし始めるのは18世紀前半のナーディル・シャーの時代からである。その遊牧地はカスピ海西岸に注ぐアラス(アラクス),クラ両川の下流域に広がるムガン平原を冬営地とし,そこから南へ150kmほど登ったサバラン山麓(標高2000~4000m)を夏営地としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャーセバーン族の関連キーワードナーディル・シャー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android