シャーヒ・ジンダ(英語表記)Shāh‐i Zindah

世界大百科事典 第2版の解説

シャーヒ・ジンダ【Shāh‐i Zindah】

ウズベク共和国のサマルカンドに残る,イスラム世界ではユニークな墓廟群。〈生ける王者〉の意。丘の南側の麓にウルグ・ベクが1434‐35年に新たに設けた門から,丘の頂まで続く約70mの小道両側に14世紀後半から15世紀前半にかけて大小の墓が建てられた。その多くは無名の墓廟で,建立年代もつまびらかでない。おもな遺構は頂上にあるカーシム・ブン・アッバース(預言者ムハンマドの従兄弟)廟と伝えられている遺構,ティムールの姪シャディ・ムルク・アーカーの墓廟やティムールの妻の一人トゥマン・アーカーの墓廟およびモスクなどで,公的な性質を帯びた支配者の墓廟と違い,私的な性格を強く有する点に大きな特色がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android