コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャープール[1世] Shāhpuhr I

1件 の用語解説(シャープール[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャープール[1世]【Shāhpuhr I】

?‐272
ササン朝ペルシア第2代の王。在位240‐272年。アルダシール1世の子。父王が〈イランの諸王の王〉であったのに対し,〈イランと非イランの諸王の王〉と称する。その功業を記したナクシ・ルスタムの碑文によれば,彼の帝国は,西はメソポタミア北部やアルメニアから,東はクシャーナ族の地を含め,タシケントカシュガルの境まで達していた。3度にわたる対ローマ戦争に勝利をおさめ,とりわけ第3回遠征のエデッサ付近の戦い(260)でローマ皇帝ウァレリアヌスを捕虜にしたできごとは,ナクシ・ルスタムやビシャープールに記念として磨崖浮彫に刻まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシャープール[1世]の言及

【ウァレリアヌス】より

…帝国は外敵の攻撃と内部の反乱により混乱の極に達し,崩壊寸前であった。とりわけササン朝ペルシアのシャープール1世は攻撃的で,シリアを攻め,ドゥラの要塞を陥れ,アンティオキアをも略奪した。ウァレリアヌスはこのペルシアの侵入と戦うため東征し,エデッサでペルシア人に捕らえられ,虜囚の汚辱のうちに生涯を終えた。…

【ササン朝】より

…3世紀初めころ,ササンの子パーパクPāpakがイスタフルの王となり,パーパクの子アルダシール1世のときに,イラン南部からバビロニアに進出して224年にアルサケス朝のアルタバヌス4世を敗死させ,首都クテシフォンにおいて新しい帝国支配を開始した。第2代のシャープール1世は対外的発展につとめ,西方では3度ローマ軍を破り,東方ではクシャーナ朝を併合し,シル・ダリヤ地方まで勢力を拡大した。ササン朝はもともとイランの伝統的な聖火崇拝に熱心であったが,シャープール1世は寛容な宗教政策をとり,そのため新興のマニ教は急速に教勢を広げることができた。…

【ササン朝美術】より

…前方がドームやイーワーンのある公的区域で建物も高く,後方は中庭の周囲に小室を配した私的区域となっている。シャープール1世(在位240‐272)のビシャープールBishāpūrやクテシフォンの宮殿,カスル・イ・シリーンKasr‐i Shirīnのチャハル・カプ宮殿などはいずれも左右対称的なプランを示しており,ササン朝宮殿建築の一つの特色を示している。 神殿の遺構としてはゾロアスター教の〈拝火神殿〉が50ほど知られ,その大部分はファールス地方に残されている。…

【マニ教】より

…前者には,肉食・動植物損傷の禁止,完全な禁欲,週に2日の断食,イスラムの断食月の先駆となったと考えられるベーマBēma大祭(マニの殉教と昇天を祝う最大の祝祭)に先立つ1ヵ月の断食などが要求された。マニはササン朝のシャープール1世の厚遇を得て,インドに及ぶ精力的な伝道活動を行ったが,次々王ワラフラン1世の宗教政策転換により殉教した。死後も教義は後継者の手により,4世紀には西方では,エジプト,北アフリカ,さらにイベリア半島にまで伝えられ,イスラム時代以降も,ザンダカ主義のような形でイラン系知識人の間に影響を残した。…

【メソポタミア】より

… 後3世紀の前半,ササン朝ペルシアがパルティアに代わってイラン高原を支配し,メソポタミアで再びローマと衝突した。たとえばシャープール1世はメソポタミアを占領,260年にはローマ皇帝ウァレリアヌスを捕虜としている。しかし,この間シリアの都市パルミュラが勢いを得て,シャープール1世を破る。…

※「シャープール[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シャープール[1世]の関連キーワードピュロスシャープールレオナルド・ディカプリオChromecast秋山郷カザフスタン被爆者の証言ビデオ収録北但(ほくたん)大震災カーンプル青島

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone