コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュエフォンシャン(雪峰山)山脈 シュエフォンシャンさんみゃくXuefeng shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュエフォンシャン(雪峰山)山脈
シュエフォンシャンさんみゃく
Xuefeng shan

中国南東部,フーナン (湖南) 省中部にある北東から南西方向の山脈。長さ 300kmあまり。主峰は南西部にあるスーパオ (蘇宝) 頂で,標高 1943m。省を西のユワン (沅) 江流域と,東のツー (資) 水,シヤン (湘) 江流域とに分けている。スギ類の美林があり,ユワン江流域はチェン (辰) 杉と称される良材の産地。山麓では柑橘類と茶の栽培が盛ん。地下資源の埋蔵が多く,北部のロンシュイチヤン (冷水江) 市を中心にアンチモン,鉄,石炭,亜鉛,鉛,南部のチエンヤン (黔陽) 県を中心に鉄が採掘されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュエフォンシャン(雪峰山)山脈の関連キーワードロンシュイチヤン(冷水江)市シャオヤン(邵陽)特別市リヤンフー(両湖)平原ロウティー(婁底)地区ホワイホワ(懐化)地区チョーシー(柘渓)ダムイーヤン(益陽)地区シンホワ(新化)県アンホワ(安化)県ツー(資)水