コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタイアー Steyr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタイアー
Steyr

オーストリア北西部,オーバーエスターライヒ州にある工業都市リンツの南約 30km,ドナウ川支流のシュタイアー川とエンス川合流点に位置する。 10世紀に築かれた城をもつ歴史的な都市で,中世は製鉄中心地であった。現在は鉄鋼,自動車,自転車などの製造工業により知られる。 15~16世紀の聖堂,18世紀の市庁舎などが残存。人口3万 9542 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュタイアーの関連キーワードグラーツ市歴史地区とエッゲンベルグ城クリストフ プレガルディエンブルック・アン・デア・ムールグンドゥラ ヤノヴィッツエルフリーデ イェリネクペーター ローゼッガーマクシミリアン(1世)ザルツカンマーグートシュタイアーマルク州シルヒャーワイン街道ザルツブルク[州]マルリース シルトダハシュタイン山地オタカル[2世]ルドルフ[1世]シュティリアルテオタカル(2世)テーゲットホフハプスブルク家アイゼンエルツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュタイアーの関連情報