シュタイン(Horst Stein)(読み)しゅたいん(英語表記)Horst Stein

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタイン(Horst Stein)
しゅたいん
Horst Stein
(1928―2008)

ドイツの指揮者。ドイツ西部のエルバーフェルト(現ウッパータール)に生まれる。ケルン音楽大学卒業後、東西ドイツ各地の歌劇場で経験を積む。ハンブルク国立歌劇場、マンハイム国民劇場を経て、1970~72年ウィーン国立歌劇場指揮者、73~77年ハンブルク国立歌劇場音楽総監督、80~85年スイス・ロマンド管弦楽団音楽監督、1984~96年バンベルク交響楽団首席指揮者を歴任。1962年からバイロイト音楽祭に登場、ワーグナー指揮者として高く評価された。73年(昭和48)初来日してNHK交響楽団客演、75年同楽団の名誉指揮者に推された。ドイツの典型的な劇場指揮者で、とくにワーグナーに真価を発揮。コンサートではブルックナーベートーベンに重厚な味わいをみせた。

[岩井宏之]

『長谷恭男著『斜めから見たマエストロたち』(1990・同成社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android