コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイロイト音楽祭

7件 の用語解説(バイロイト音楽祭の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

バイロイト音楽祭

ワーグナーが自らの作品の理想的な上演を求め、ドイツ南部バイロイトに劇場を建てて1876年に始めた音楽祭。毎年夏にワーグナーの主要作品のみ上演している。世界中のファンが訪れ、チケット入手の難しさでも知られる。初日にはメルケル首相らも訪れるドイツの夏の風物詩の一つ。

(2012-07-28 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バイロイト‐おんがくさい【バイロイト音楽祭】

ドイツの都市バイロイトで、毎年7月から8月にかけて行われる音楽祭。ワグナーが自作の楽劇を上演するために、1876年創設。ワグナーの死後も、その業績を記念して開催されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

バイロイト音楽祭

ドイツのバイエルン州バイロイトで夏に開催される音楽祭。ドイツの作曲家ワーグナーが、自らが作曲した歌劇『ニーベルングの指環』上演を目的ととして、1876年に設立したもの。音楽祭では現在でもワーグナーの作品のみを上演することから「ワーグナー音楽祭」ともいう。メイン会場はバイロイト祝祭劇場

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バイロイトおんがくさい【バイロイト音楽祭 Bayreuther Festspiele】

ドイツの作曲家R.ワーグナーが,自らの舞台芸術の理念を実現するため,バイエルン州のバイロイトに建設した祝祭劇場で催される音楽祭。この劇場はバイエルン王ルートウィヒ2世の援助のもとに1876年に完成され,同年8月13日から4日間にわたって四部作《ニーベルングの指環》全曲がワーグナー自身の演出とH.リヒターの指揮で初演されたのが第1回目で,82年には《パルジファル》が初演された。その後,1944年まで不定期に開催されてきたが,第2次大戦による中断を経て1951年に復活してからは毎年開かれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バイロイトおんがくさい【バイロイト音楽祭】

ワグナーが自作の楽劇を上演するためドイツのバイロイト(Bayreuth)に設立した祝祭劇場で行われる音楽祭。1876年の初上演以来、毎年あるいは隔年の七、八月にワグナーの楽劇が上演される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイロイト音楽祭
バイロイトおんがくさい

バイロイト祝祭劇場」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイロイト音楽祭
ばいろいとおんがくさい
Bayreuther Festspiele

ドイツの作曲家R・ワーグナーが、自作の楽劇を上演するために1876年に創設した音楽祭。ルートウィヒ2世の援助により建設されたドイツのバイロイトの祝祭劇場で、毎年7月末から8月末まで催される。劇場の内装は木で、オーケストラは舞台の下になかば沈む形のため、彼の楽劇上演にもっとも適した音響をもつとされ、全世界のワーグナー愛好家が集まる。音楽祭は、その時代の最良のワーグナー歌手や指揮者を集めて行われ、演出面でも新しい実験の場となる。ワーグナーの死後も妻コジマをはじめ子孫が運営に深くかかわり、とくに第二次世界大戦後は、孫のウィーラント・ワーグナー(1917―1966)が象徴的な新演出の面でも一時代を画した。[美山良夫]
『『ミュージック・ギャラリー5・17 バイロイト音楽祭』(1984、1987・音楽之友社) ▽G・スケルトン著、山崎敏光訳『バイロイト音楽祭の100年』(1976・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバイロイト音楽祭の言及

【音楽祭】より

…ことに第2次世界大戦後は,各国でおびただしい数の音楽祭が創設され,観光ブームとあいまって隆盛をきわめている。 クラシック音楽系の催しを傾向別に概観してみると,(1)楽聖とそのゆかりの地にちなんだもの バイロイト音楽祭(ワーグナーの作品のみ,ドイツ),ザルツブルク音楽祭(モーツァルトの作品が主体,オーストリア)など。(2)大都市の名を冠した総花的なもの ウィーン芸術週間,〈プラハの春〉国際音楽祭,大阪国際フェスティバルなど。…

※「バイロイト音楽祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バイロイト音楽祭の関連キーワードフンパーディンクワグネリアン愛の死神々の黄昏婚礼の合唱夕星の歌ラインの黄金ワーグナー音楽祭レーガー:左手のための4つの特別な練習曲/piano soloプフィツナー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイロイト音楽祭の関連情報