コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタウディンガーの粘度式 Staudinger's viscosity equation

法則の辞典の解説

シュタウディンガーの粘度式【Staudinger's viscosity equation】

高分子の分子量と固有粘度との関係を表す式.

[η]=KmM

のように表される.ここに[η]は固有粘度で[η]≡lim {(η-η0)/cη0}で表される量,M は高分子の分子量,Km は高分子の種類,溶媒,温度により定まる定数で,Km 定数とも呼ばれる.後に桜田一郎,ホーウィンク(R. Houwink)の手で拡張されて

[η]=KMa

となった(マーク‐ホーウィンク‐桜田の式*).これもシュタウディンガーの粘度式*と呼ばれることがある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

シュタウディンガーの粘度式の関連キーワードフローリー‐フォックス定数シュタウディンガー高分子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android