コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田一郎 さくらだいちろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜田一郎
さくらだいちろう

[生]1904.1.1. 京都
[没]1986.6.23. 京都
応用化学者。京都帝国大学工業化学科卒業 (1926) 理化学研究所に入りセルロースの誘導体の合成を研究,1928~31年ドイツ留学。 35~67年,京都大学教授。 39年ポリビニルアルコール繊維「合成1号」を開発したが,第2次世界大戦で工業化が遅れ,49年倉敷レーヨンで製造が始り,「ビニロン」の名で市場に出た。国産技術による合成繊維の大きな成功の中心人物で,高分子の構造や物性の研究にも多大な貢献をした。特に,1944年に提唱した高分子溶液の粘度と分子量の関係式は,同時期に別々に提唱した欧米の研究者と名を連ねた「マーク=フウィンク=桜田の式」として広く利用されている。 55年日本学士院賞受賞。日本学士院会員。 77年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さくらだ‐いちろう〔‐イチラウ〕【桜田一郎】

[1904~1986]化学者。京都の生まれ。京大教授。ドイツに留学。日本の高分子化学の基礎を築き、ビニロンなどを創製文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

桜田一郎【さくらだいちろう】

化学者。京都生れ。1935年京都帝大教授。セルロースの構造や合成高分子を研究,ポリビニルアルコールを原料に日本最初の合成繊維ビニロンを発明,第2次大戦後は,高分子の反応機構,放射線高分子化学などを研究。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜田一郎 さくらだ-いちろう

1904-1986 昭和時代の高分子化学者。
明治37年1月1日生まれ。昭和10年母校京都帝大の教授となる。14年日本初の合成繊維ポリビニルアルコール繊維「合成一号」を開発。24年工業化され「ビニロン」の名で市場にでた。高分子学会の創設にも力をそそぐ。42年日本原子力研究所大阪研究所長。30年学士院賞,52年文化勲章。昭和61年6月23日死去。82歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくらだいちろう【桜田一郎】

1904~1986) 化学者。京都生まれ。京大教授。日本における高分子化学の開拓者。日本最初の合成繊維ビニロンを発明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜田一郎
さくらだいちろう
(1904―1986)

日本の高分子化学の開拓者。明治37年1月1日、京都に生まれる。京都帝国大学工学部に学んで、コロイド化学、繊維化学、高分子化学の道に入り、1928年(昭和3)からドイツに留学。ライプツィヒのオストワルトやベルリンのカイザー・ウィルヘルム研究所(現、マックス・プランク研究所)のヘスKurt Hess(1888―1961)のもとにあって、当時新興のコロイド化学や創成期の高分子化学の息吹を吸収して帰った。1935~1967年京都大学教授。セルロース誘導体の研究から高分子の全領域に研究を展開、合成繊維「ビニロン」の完成に力を尽くし、高分子学会を創設するなどして日本における高分子学の基礎を築いた。1955年(昭和30)学士院賞、1977年文化勲章を授与された。[中川鶴太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

桜田一郎の関連キーワードシュタウディンガーの粘度式友成 九十九アクリル繊維大原 総一郎友成九十九昭和時代

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android