コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテンダール Stendal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュテンダール
Stendal

ドイツ中北部,ザクセンアンハルト州の都市。マクデブルク北北東のウフテ川沿いに位置する。 1160年代に開市権,1251年に都市権を獲得。 1309年までアスカニエル家のブランデンブルク辺境伯の居地。 13~15世紀に織物業の中心として特に繁栄した。製糖,食品加工,化学工業,金属加工業が行われる。大聖堂 (1188) ,聖マリエン教会 (1447) などがある。美術史家 J.ウィンケルマンの生地で,フランスの小説家スタンダールはウィンケルマンの思い出のためにこの地名を自分の筆名の一つに選んだといわれる。人口4万 8532 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android