シュネーデル・エレクトリック[会社](読み)シュネーデルエレクトリック

  • シュネーデル・エレクトリック
  • 会社

百科事典マイペディアの解説

フランスの代表的なコンツェルン,アンパン・シュネーデルEmpain-Schneiderの中核の持株会社で,傘下に多くの会社をもつ。1836年シュネーデル兄弟がフランスのル・クルゾー村の炭鉱と鋳造所を買収し会社を設立。19世紀後半には国内の軍需産業をほぼ独占し,ヨーロッパのインフラ産業の中心的存在になった。その後,発電機や変圧器などの製造に着手し,鉄鋼・石炭・機械・造船から金融・商事にまで多角化した。1945年第2次世界大戦が終結すると軍需産業から撤退し,電機を拡充し比率を高めている。1949年持株会社に。1962年株式を公開,同族支配から近代的管理へ移行。1999年3月現社名に改称。日本法人は,シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社。2011年売上高43億ユーロ。
→関連項目ザハロフ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android