シュパイアー大聖堂(読み)シュパイアーだいせいどう(英語表記)Speyerer Dom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュパイアー大聖堂
シュパイアーだいせいどう
Speyerer Dom

ドイツ,中部ライン地方のシュパイアーにある大聖堂。 1030年神聖ローマ皇帝コンラート2世の命により起工,1061年にハインリヒ4世によって献堂されたラテン十字形プランのドイツ・ロマネスク建築を代表するバシリカ式聖堂。交差部とアプス両脇に方形の塔をもち,地下には重々しい円柱によって支えられたクリプトがあって,初期ロマネスクの重厚な建築様式を示している。身廊は元来平天井であったが,1082年以後,建築家ベンノによって横断アーチと交差ボールトがかけられ,さらに発展したロマネスク建築となっている。アフラ礼拝堂はハインリヒ4世のために 1111年に建造されたものであり,祭具室およびカタリネン礼拝堂はさらにのちの増築である。 1981年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android