コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュパイアー Speyer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュパイアー
Speyer

ドイツ西部,ラインラントファルツ州の都市。ライン川左岸,ルートウィヒスハーフェンの南約 20kmにある。ケルト人ののちローマ人が都市を建設し,5世紀中頃まで栄えた。7世紀に再建され,司教座がおかれ,中世末期,ライン川沿岸商業の中心地として繁栄。 13世紀からは帝国都市。 16~17世紀には帝国最高裁判所所在地として,五十数回の帝国議会が開かれた。 1816~1938年はバイエルン王国ファルツ領の首都であった。 11世紀に造られたロマネスク様式の大聖堂を中心に,門前町の趣をもつ。郊外には電機,石油,金属,木材などの工業地域がある。人口4万 6553 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュパイアーの関連キーワードノイシュタットアンデアワインシュトラーセコンラート(2世)プロテスタント教会シュパイアー大聖堂バートクロイツナハシュパイアー国会ヘルツォークアスムッセンブントシュー帝国最高法院シュタインルーマンランダウ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android