コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュピートホフ シュピートホフSpiethoff, Arthur August Caspar

2件 の用語解説(シュピートホフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュピートホフ
シュピートホフ
Spiethoff, Arthur August Caspar

[生]1873.5.13. ジュッセルドルフ
[没]1957.4.4. テュービンゲン
ドイツの経済学者。近代景気変動理論の先駆者。ベルリン大学ジュネーブ大学を卒業。 G.シュモラーの高弟で 1907年にベルリン大学の私講師,08~17年プラハ大学教授,18~37年ボン大学の経済学教授をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュピートホフ
しゅぴーとほふ
Arthur August Caspar Spiethoff
(1873―1957)

ドイツの経済学者。ベルリン大学、ジュネーブ大学に学び、ベルリン大学の私講師を経て、1918年から37年までボン大学教授を務めた。G・シュモラーの高弟としてドイツ歴史学派に属し、『シュモラー年報』の編集者でもあったが、景気変動の実証的研究を通じて、トゥガン・バラノフスキーの不比例説を発展させ、景気理論における過剰投資説を樹立したことで名高い。彼によると、景気変動は貨幣的現象というより、あくまでも資本財産業の運動によるものであり、好況時においては、投資機会の増大に呼応して、資本財産業の原材料部門と固定資本部門とが相互に需要を波及・刺激しあって不均等に拡大するが、やがて労働力・消費財の不足によって好況は崩壊するとした。[一杉哲也]
『望月敬之訳『貨幣理論』(1936・三省堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュピートホフの関連キーワード地租改正レーピンローンヴァン・リード小幡甚三郎畠山太助堀田右馬允アチェ戦争血税一揆番号

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone