コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐慌論 きょうこうろん theory of economic crisis

1件 の用語解説(恐慌論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恐慌論
きょうこうろん
theory of economic crisis

主にマルクス経済学で展開される理論で,経済恐慌資本主義経済固有の病弊で,供給過剰と過少消費から,恐慌が恐慌を呼ぶような状態で,資本主義社会が歴史的使命を終えると主張。経済恐慌は,景気変動の中で単なる景気後退にとどまらず,企業倒産,失業の大量発生などが急激に起こる現象をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恐慌論の関連キーワード近代経済学資本論ドッブマルクス経済学ランゲ柴田敬価値法則マル経大内力久留間鮫造

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恐慌論の関連情報