コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三省堂 さんせいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三省堂
さんせいどう

1881年に創業した出版社。創業時から辞典の出版に力を注ぎ,特に 1922年から刊行している一連の「コンサイス辞典」が有名。教科書,一般書籍の出版もしている。 70年代後半,出版業務の不振から倒産寸前に陥ったが,その後の立直しが成功している。 88年に『大辞林』を刊行。売上構成比は,辞書 65%,教科書 20%,その他 15%。年間売上高 89億 5600万円,資本金 7000万円,従業員数 200名 (1998) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

三省堂

正式社名「株式会社三省堂」。英文社名「SANSEIDO publishing co., ltd.」。サービス業。大正4年(1915)「三省堂書店」から分離独立し設立。本社は東京都千代田区三崎町。出版社。辞書・事典・教科書出版の草分け。小中学生から社会人・シニア向けまで幅広い読者層を対象とした出版物を刊行。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

三省堂の関連キーワード辞書になった男/ケンボー先生と山田先生書店の万引き被害亀井 万喜子新解さんの謎伊賀山 昌三大自然科学史三省堂[株]星座早見盤藤田 初巳鈴木 省三金田一京助金城 朝永横山 フク長田 恒雄大岡 龍男高橋 錦吉田所 太郎武道・武術阿部 筲人君塚 樹石

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三省堂の関連情報