シュライナー(英語表記)Olive Schreiner

世界大百科事典 第2版の解説

シュライナー【Olive Schreiner】

1855‐1920
イギリスの女性作家。宣教師の娘として南アフリカケープ植民地に生まれる。家庭教師を務めながら書いた《アフリカ農場物語》の手稿を携えて,1881年に渡英。同作品はG.メレディスの賞賛を得て,83年に出版され好評を博した。89年南アフリカに戻り,94年同地の政治家と結婚。主著婦人と労働》(1911)。その他寓話的に女性解放問題を扱った小品を発表。彼女の婦人論は《青鞜》誌を通じて日本にも翻訳紹介された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android