コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婦人論 ふじんろん

百科事典マイペディアの解説

婦人論【ふじんろん】

ドイツの社会主義者ベーベルの著作。《Die Frau und der Sozialismus》。1883年刊,正しくは《婦人と社会主義》。女性の歴史と現状を被抑圧者として描きだし,その状態を痛烈に批判すると同時に,女性の真の解放は社会主義革命を通じてのみ達成されることを強調した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

婦人論
ふじんろん

正称は『婦人と社会主義』Die Frau und der Sozialismus。A・ベーベルの著書。初版は1879年ライプツィヒで出版された。好評を博したがビスマルクの社会主義鎮圧法によりただちに禁止されたため、1883年に内容を補足し『過去、現在、及び将来の婦人』と改題して出版された。これも禁止処分を受けたが秘密出版を続け、1890年の鎮圧法廃止による解禁までに二十数版を重ねた。1895年に原名に戻した後も増補改訂を繰り返して1909年50版を数えた。ベーベルはこの本の準備を1870年から始めており、文字どおりのライフワークとなった。本書は四編よりなる。第一編「過去の婦人」では原始社会から18世紀までの婦人の社会的地位や力量の変容を説き、第二編「現代の婦人」では売春や生活手段となった結婚、職業生活等から現代婦人の不遇な状態を明らかにし、男女同権たるべきことを説いた。第三編「国家と社会」では現代婦人の不遇な状態を生み出している資本主義社会の原理に触れ、第四編「社会の社会化」で社会主義社会の根本法則と実現の過程、そこでの国家の消滅や宗教、教育、芸術等のあり方と並んで婦人の地位と生活の変化を描き、「未来は社会主義のもの……労働者と婦人のもの」として、婦人解放を人類解放として位置づけた。[大木基子]
『草間平作訳『婦人論』上下(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

婦人論の関連キーワードシュライナーフェミニズムへちまの花田川大吉郎山川菊栄女学雑誌女性誌女性学

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android