コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュラバナベルゴーラ Sravanabelgola

世界大百科事典 第2版の解説

シュラバナベルゴーラ【Sravanabelgola】

インド南部,カルナータカ州マイソール地方のジャイナ教の遺跡。ジャイナ教の聖地で,チャンドラギリと呼ばれる岩山には,第2代祖師ゴーマテーシュバラの巨大な丸彫立像(高さ17.5m)があり,ジャイナ教美術史上も重要である。7世紀以後とされる碑文が多く発見され,そこに見られる伝承で注目される。それによれば,〈チャンドラグプタ(前4世紀末)は老齢にいたりジャイナ教に改宗し,王位を譲り出家し師に従ってマイソールの聖地シュラバナベルゴーラに隠棲し,苦行して断食死をとげた〉という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android