シュルー族(読み)シュルーぞく(英語表記)Shluh; Shleuh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュルー族
シュルーぞく
Shluh; Shleuh

モロッコを中心として北アフリカに居住する,ハム系のベルベル人の一民族。7世紀にアラビア人の侵入を受け,11世紀初頭からベドウィン人の文化的影響を受けた。イスラム教を信仰する。大麦,粟などの穀物栽培をおもな生業とし,家畜も重要な労力,食糧源となっている。父系的な親族組織をもち,ighs (骨の意) と呼ばれる出自集団が社会の基本的な単位をなしている。夫方居住婚が行われ,各家屋は拡大家族によって構成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android