コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュレーバー Daniel Paul Schreber

世界大百科事典 第2版の解説

シュレーバー【Daniel Paul Schreber】

1842‐1911
S.フロイトによって記述された唯一の精神病の分析例で,妄想と同性愛の関連性を説くフロイトの妄想論に素材を提供した症例として,精神医学史に名高い人物。ライプチヒに生まれ,法学を学んでドレスデンの控訴院院長にまでなったが,50歳ころ精神分裂病に罹患し,寛解期に自分の病状を書き留めて《ある神経病患者の体験記》(1903)として刊行した。フロイトは,これを精神分析の立場から検討して《自伝的に記述されたパラノイアの一症例に関する精神分析的考察》(1911)を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシュレーバーの言及

【フロイト】より

ねずみ男)と《ある幼児期神経症の病歴より》(1918。狼男)とはともに強迫状態に関する考察,《症例シュレーバー》(1911。シュレーバー)は精神分裂病者の手記に対する精神分析的解釈の試みである。…

※「シュレーバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュレーバーの関連キーワードクラインガルテンベルリン椎名亮輔分区園

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android