シューベルティアーデ

デジタル大辞泉プラスの解説

シューベルティアーデ

オーストリア西部の町、ホーエネムスとシュヴァルツェンベルクで5月~10月にかけて開催される音楽祭。1976年設立。シューベルトのリートや室内楽、ピアノ、交響曲などの作品が披露される。会場はホーエネムスのマルクス・シティクス・ホール、シュヴァルツェンベルクのアンゲリカ・カウフマン・ホールなど。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のシューベルティアーデの言及

【シューベルト】より

…その結果21年には《魔王》の予約出版が成功し,ウィーンとオーストリアで知名の音楽家となった。1820年ころには彼のまわりに多くの芸術家や愛好者が集まり,彼の新作を聞くための〈シューベルティアーデ〉ができた。22年にはシュタイアーマルクの音楽協会の名誉会員に推挙されたが,その返礼として《未完成交響曲》を作曲した。…

【プライ】より

…バイロイト音楽祭には,65年《タンホイザー》のウォルフラム役で初出演。一方,ドイツ・リートの歌い手としても活躍し,75年からはオーストリアのホーエネムスで,シューベルトの作品だけを演奏する小規模な音楽祭〈シューベルティアーデ〉を主宰している。初来日は1961年。…

※「シューベルティアーデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シューベルティアーデの関連情報