シューメン(読み)しゅーめん(英語表記)Shumen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シューメン
しゅーめん
Shumen

ブルガリア北東部、シューメン県の県都。バルナの西90キロメートル、スタラ・プラニナ(バルカン)山脈の北のシューメン台地に位置する。人口10万4473(2001)。ローマ時代の要塞(ようさい)が、第一次ブルガリア帝国の時代に整備されて都市に発展し、交易も栄えた。1388年にオスマン帝国の支配下に入り、要塞は一時放棄されたが、18世紀にロシア南下の動きで要塞機能が強化され、駐屯軍の需要を満たすために銃器、皮革、繊維などの手工業も発展し、トルコ人とブルガリア人の共住も進んだ。国内最大のイスラム寺院トンブル・ジャミヤもこの時代の建物である。1848年のハンガリー独立戦争が敗北に終わると、コシュートらがここに亡命し、オーケストラなどヨーロッパの文化がもたらされた。国内初のビール工場もここに建設された。市内には、大学や歴史博物館、劇場、オーケストラがあり、文化的中心都市でもある。[寺島憲治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android