コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロカネイソウロウグモ Argyrodes bonadea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロカネイソウロウグモ
Argyrodes bonadea

クモ綱クモ目ヒメグモ科。体長は雌3~4mm,雄2~3mm。頭胸部は黒色で高く,腹部は光沢のある銀色で大きい。元来は造網性の系統であるが,みずからは網を張らず,ジョロウグモオニグモコガネグモなど比較的大きいクモの網に侵入し,その網にかかった小昆虫や網主が捕えた昆虫を盗み食いする。本州南部,四国,九州,琉球列島に分布する。イソウロウグモArgyrodesには,本種のほかにアカイソウロウグモやチリイソウロウグモなど約 10種が日本に産するが,体が銀色をしているのは本種だけである。 (→クモ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android