コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニグモ オニグモ Araneus ventricosus

4件 の用語解説(オニグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニグモ
オニグモ
Araneus ventricosus

クモ綱クモ目コガネグモ科。体長は雌 3cm,雄 2cmぐらい。体は黒褐色で,腹部には葉状の斑紋があり,前方の両肩に突起をもつ。網は典型的な円網で,夕方張り,朝になるとたたむ。しかし地域,成熟度,気象条件などによって異なり,必ずしも毎日繰返すとはかぎらない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オニグモ

コガネグモ科の1種。体長20〜30mm,黒色または黒灰色。夕方〜夜に円網を張る。8〜9月ころに木の幹や塀(へい)などに直径10mmぐらいの卵塊を産みつける。日本全土,朝鮮,中国,台湾に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オニグモ【Araneus ventricosus】

コガネグモ科のクモ(イラスト)。日本全国,朝鮮半島,中国に分布し,家の軒下,樹間,神社や寺院の周囲などに円い網を張る大型のクモ。体長は雌20~30mm,雄15~20mm。色彩は褐色,黒色,灰褐色など変異が多い。昼間は物陰に潜み脚を縮めてじっとしているが,夕方から夜にかけて大型の円網(垂直完全円網)を張り,その中心に静止する。朝になると再び網から離れ物陰に潜む。その際大阪以西のオニグモはほとんどのものが網をこわすが,東京以北のものはほとんどこわすことはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニグモ
おにぐも / 鬼蜘蛛
[学]Araneus ventricosus

節足動物門クモ形綱真正クモ目コガネグモ科に属するクモ。日本各地および朝鮮半島、中国に分布し、平地から山地に普通に生息する。典型的な円網を張る大形のクモで、体長は雌30ミリメートル、雄20ミリメートルぐらい。腹部の前方の両肩は角張り、背面には葉状の斑紋(はんもん)がある。この斑紋や体色は地域的な変異に富み、別種のような感じのものもあるが、本質的な形態に違いはない。本種を含めて、この仲間の網はすべて円網で、夕方網を張り、翌朝網を畳む特異な習性があるが、地域や気象条件、成熟度などによってかならずしもこのとおりではない。
 近縁種のアカオニグモA. pinguisは本州中部以北に分布する寒地性のクモで、北海道には普通にすむ。体長は雌15~18ミリメートル、雄10ミリメートルぐらい。腹部は丸くて大きく、成熟すると真っ赤になり、小さい白斑(はくはん)をもつ。イシサワオニグモA. ishisawaiは北海道から九州まで分布する日本の固有種で、山地に多い。体長は雌18~20ミリメートル、雄8ミリメートルぐらい。背腹の地色は黄褐色で両側に2本の白い縦条がある。コケオニグモA. tartaricusは、赤褐色の頭胸部以外は腹部も歩脚も緑色の美しいクモで、形はオニグモに似る。水田に多く各地でときどき発見される。ヤマシロオニグモNeoscona scyllaは日本各地に分布し、山地に普通にすむ。体長は雌12~15ミリメートル、雄8~10ミリメートル。背甲は赤褐色で頭部は濃い。腹部は褐色から黒色で、白色を交えた複雑な斑紋がある。イエオニグモN. nauticaは本州以南、台湾まで分布し、人家の軒下などに網を張る。オニグモ類中では小形種で、体長は雌10ミリメートル、雄6~7ミリメートル。背面は黒灰色である。ドヨウオニグモN. dnitziは、本州、四国、九州に分布し、水田に多い。体長は雌9ミリメートル、雄7ミリメートルで、オニグモ類中では小形種。夏と秋の土用のころ2回成熟する。水田の害虫の天敵として知られている。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオニグモの言及

【クモ(蜘蛛)】より


[クモの巣]
 クモの種類が異なれば,網の形も異なる。円形網はオニグモ,コガネグモ,アシナガグモなどの仲間が張る。扇状網はオウギグモで三角形である。…

※「オニグモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オニグモの関連キーワードジョロウグモナゲナワグモ鬼蜘蛛黄金蜘蛛子守蜘蛛女郎蜘蛛棘蜘蛛鳥の糞騙葉蜘蛛コガネグモ(黄金蜘蛛)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オニグモの関連情報