コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョロウグモ ジョロウグモ Nephila clavata

4件 の用語解説(ジョロウグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョロウグモ
ジョロウグモ
Nephila clavata

クモ綱クモ目アシナガグモ科。雌は体長 2.5cm,腹部に黄色と淡青色の幅広い横縞があり,成熟すると腹端付近の下面が赤色となる。歩脚は黒褐色で各節に黄色の環がある。雄は体長 8mmほどで,地味な色彩をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジョロウグモ

蛛形(ちゅけい)綱アシナガグモ科。雌は体長15〜30mm,雄は8mmほど。頭胸部は黒色,胸部の縁は黄色で銀白色の毛が密生する。夏〜秋に庭先や林の中に,非常に目の細かい網を張る

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジョロウグモ【Nephila clavata】

コガネグモ科のクモ(イラスト)。大きい馬蹄形(ばていけい)の網を張り,昆虫を捕食する。足場糸を切らないために,網の横糸が楽譜の五線のように見える。このクモの糸には酸化されやすい成分があり,時がたつにつれ黄金色に輝く。そのために英語ではNephila属のクモをgolden silk spiderと呼んでいる。体長は雌20~25mmだが30mmを超える大型のものもいる。腹部には青黒色と黄色の横帯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョロウグモ
じょろうぐも / 女郎蜘蛛・上蜘蛛・絡新婦
[学]Nephila clavata

節足動物門クモ形綱真正クモ目コガネグモ科に属する陸生動物。秋を代表するクモで、雌雄で体長が著しく異なる。雌は35ミリメートルで腹部は太くて長く、青色と黄色の幅広い横縞(よこじま)があり、成熟すると腹端が赤くなる。雄は7~8ミリメートルぐらいで、体色も黒褐色でじみである。9月ごろから繁殖期に入り、雌の網の周辺に1~数匹の雄の訪れをみる。網は金色で、造網性クモ類中もっとも複雑である。中央には目の細かい主網があり、上方前後にも不規則な網があるので横からは三重網にみえる。主網は横糸数本ごとにすきまがあり、楽譜の五線の感じがある。このすきまは造網過程でつくられた細い足場糸が取り払われずに残されているためで、その部分が透けてみえるのである。縦糸も途中から何回も分岐しているので、横糸の幅は周辺になってもあまり変わらない。地域によってジョロウグモとよばれるものは、夏に成熟するコガネグモかナガコガネグモのことが多く、ジョロウグモとの混用や誤用をしないように注意を要する。本種は、本州以南から台湾、中国にかけて分布する暖地性のクモであるが、奄美(あまみ)大島から南方熱帯地方にかけては近縁の大形種のオオジョロウグモがみられる。この種の体長は、雌50ミリメートル、雄7~10ミリメートルぐらいである。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョロウグモの関連キーワードオニグモナゲナワグモ鬼蜘蛛黄金蜘蛛子守蜘蛛女郎蜘蛛棘蜘蛛鳥の糞騙葉蜘蛛コガネグモ(黄金蜘蛛)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョロウグモの関連情報