コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロテンハナムグリ シロテンハナムグリProtaetia orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロテンハナムグリ
Protaetia orientalis

鞘翅目コガネムシ科。体長 20~25mm。体は暗緑色または銅色でやや緑色を帯びる。頭部は長方形で上面は平たい。上翅には小白色斑が点在し,翅端中央はあまり突出しない。樹液に集り,5~9月頃普通にみられる。本州,四国,九州,対馬,朝鮮に産するものを亜種 P. o. submarmoreaといい,他の亜種は台湾,中国,インドなどに分布する。近縁のシラホシハナムグリ P. brevitarsisは本種に似るが,上翅端がとがり,白色斑があまり点在せず,雄の腹に明瞭な縦溝があるので区別できる。北海道,本州,四国,九州に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シロテンハナムグリの関連キーワードシラホシハナムグリ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android