コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンサンカクガイ Neotrigonia margaritacea; brooch shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンサンカクガイ
Neotrigonia margaritacea; brooch shell

軟体動物門二枚貝綱サンカクガイ科。長 3.3cm,殻高 3.1cm,殻幅 1.8cm。殻は丸みのある四角形で,前縁は丸く,後縁はややまっすぐである。殻表は黒褐色の殻皮をかぶり,約 20本の放射肋が走るが,肋上にはいぼがある。内面は強い真珠光沢があり,鉸歯は強く,大きい。オーストラリアの東南岸およびタスマニア島に分布し,内湾浅海の砂礫底にすむ。この類は,約4億年前の古生代に出現し,中生代ジュラ紀から白亜紀に栄えたサンカクガイ生残りで「生きている化石」といわれ,オーストラリア周辺に7種が分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンサンカクガイ
しんさんかくがい / 新三角貝
brooch shell
[学]Neotrigonia margaritacea

軟体動物門二枚貝綱サンカクガイ科の二枚貝。オーストラリア南東岸およびタスマニア島近海に分布し、内湾の砂泥底にすむ。殻長33ミリメートル、殻高31ミリメートルに達し、殻は丸みのある四辺形状で、前縁は丸く、後縁はまっすぐ切断したようになっている。殻表は暗褐色で、顆粒(かりゅう)のある約20条の放射肋(ろく)をもつ。かみ合せには、前後に分かれた逆V字形の大きい歯があり、その上は細かく刻まれている。内面は紫色がかった強い真珠光沢がある。この類(シンサンカクガイ属)は古生代デボン紀に出現し、中生代のジュラ紀から白亜紀に栄えたサンカクガイ類Trigoniaの生き残りで「生きている化石」として知られ、オーストラリア近海にのみ7種が現存しているにすぎない。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シンサンカクガイの関連キーワードトリゴニア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android