コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンボリック・マネジャー Corporate Culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンボリック・マネジャー
Corporate Culture

T.ディールと A.ケネディによるベストセラーの書名。彼らによると,超一流の企業は強い文化を持っており,それを維持することが重要である。文化を維持するには,文化の基盤となる確固たる理念,文化を形に表した儀礼・儀式,文化を伝達するコミュニケーション・ネットワークなどが必要とされるが,中でも重要なのが文化の体現者である英雄,すなわちシンボリック・マネジャー (象徴的管理者) である。従来有能とされてきたのは,分析能力に優れた合理的管理者であるが,著者らは,リーダーシップ型として言行一致の体現者である象徴的管理者のほうが重要であるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android