コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シー(西)湖 シーこXi hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シー(西)湖
シーこ
Xi hu

中国東部,チョーチヤン(浙江)省北部,ハンチョウ(杭州)特別市西郊にある湖。面積 5.2km2,周囲 15km,平均水深 2m。ハンチョウ(杭州)湾の一部であったが,チエンタン(銭塘)江の運ぶ土砂で切り離されて形成された。数個の島があるが,最大は北部のクー(孤)山で,パイ(白)堤と呼ばれる堤で北岸と結ばれる。また北岸と南岸もスー(蘇)堤で結ばれている。湖とその周辺は風光の美で知られ,平湖秋月,三潭印月などの十景がある。唐代から名勝としてうたわれ,地主や官僚の別荘地となっていた。中華人民共和国成立後,湖底の泥をさらい,湖岸を整備して,市民の休養地となった。周囲には丘陵が連なり,湖を展望できるほか,保俶塔,六和塔,霊隠寺,岳飛廟などの名所古跡がある。2011年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シー(西)湖の関連キーワードシュイチャン(許昌)特別市ホイチョウ(恵州)特別市ハンチョウ(杭州)特別市トン(東)湖ハンチョウ頤和園杭州

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android