ジェームズ カーン(英語表記)James Caan

20世紀西洋人名事典の解説

ジェームズ カーン
James Caan


1939.5.26 -
米国の俳優。
ニューヨーク市ブロンクス生まれ。
16歳でミシガン州立大学へ、ついでホフストラ大学に学ぶが中退。1961年オフ・ブロードウェイでデビュー。「ルート66」、「ベン・ケイシー」などテレビ・シリーズの端役の後、フランシス・コッポラに認められ、’69年「雨の中の女」に出演。’72年「ゴッドファーザー」で、アカデミー助演男優賞にノミネートされる。’81年「Hide in Plain Sight」を製作、主演・初監督する。その他「シンデレラ・リバティー」(’73年)、「愛と哀しみのボレロ」(’81年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android