コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェームズ・ボンド James Bond

世界大百科事典 第2版の解説

ジェームズ・ボンド【James Bond】

イギリスの作家I.フレミング作《カジノ・ロアイヤル》(1953)から《オクトパシー》(1966)までの小説の主人公として登場する,イギリス情報部のスパイ007。美男子で超人的能力の持主で,しかもイギリス紳士の典型のような彼は,世界をまたにかけて活躍し,多くの女性たちを魅了する。このような設定は映画に最適であるためか,《ドクター・ノー》(1958)が1962年に映画化(《007は殺しの番号》)されたのを最初として,《ロシアより愛をこめて》(1957,映画化1963)など,ほとんどの作品が映画になっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ジェームズ・ボンドの関連キーワード007ワールド・イズ・ノット・イナフ007トゥモロー・ネバー・ダイ007ユア・アイズ・オンリー007ダイヤモンドは永遠に007ロシアから愛をこめてネバーセイ・ネバーアゲイン007ロシアより愛をこめて007わたしを愛したスパイ007ダイ・アナザー・デイ007リビング・デイライツ007カジノ・ロワイヤル007消されたライセンス007サンダーボール作戦007ゴールドフィンガー007私を愛したスパイ007/スカイフォール007黄金の銃をもつ男007ドクター・ノオピアース ブロスナン007黄金銃を持つ男

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジェームズ・ボンドの関連情報